アパレル業界向け販売管理・在庫管理 > 製品紹介 > poscm neo > システムの特長と導入効果

poscm neo システムの特長と導入効果

poscm neoの特長
  • 専用POS、ディスクトップPC、ノートPC、タブレットPCなどWindowsOS環境での運用が可能です。
  • ハードウェアに依存しない統一したオペレーション(操作)が可能です。このため店舗形態(路面・百貨・SC・FB)に合わせた機器の選択が可能です
  • 見やすい、操作しやすいグラフィカルな画面。POSシステムらしくないデザインです。
  • 一店舗内に複数のPOSを設置する場合でもストアコンピュータ(店舗サーバ)は不要です。
  • インターネットが障害等で切断されても販売業務などは店舗機器単体での運用が可能です。
  • 利用者権限設定により、利用可能な機能選択や情報開示のセキュリティ設定が可能です。
  • プログラムのバージョンアップ機能を標準装備。常に最新バージョンでの利用が可能です。(※ノンカスタマイズ版に限ります)
  • poscm neo専用ヘルプデスクを用意。年365日、操作方法・故障対応などのサポートを受けることができます。
  • ADSL等の低速なインターネット回線での運用可能です。また、一部のモバイル通信でも運用が可能です。
  • 店舗機器にはプログラムと最小限のデータのみが格納されます。このため情報漏洩等のセキュリティリスクを最小限に抑えることができます。また、店舗機器トラブル時には迅速な復旧が可能です。
  • インターネットを流れるデータは、プログラムによって全て暗号化されおり、セキュリティ対策は万全です。VPNなどの特殊な機器は不要です。
  • データ閲覧(分析機能)のライセンスは不要です。
  
poscm neoの特長   
導入効果
●ムダな在庫は置かない、入れない、作らない!
リアルタイムに店舗在庫が把握できるため、店舗投入量をタイムリーにコントロールでき、過剰在庫の削減と売れ筋商品の欠品を防ぐことができます。
●棚卸差損率の減少!
店舗への商品投入量が適正になるので、店舗での付帯業務の減少と棚卸精度アップによる差損率の大幅な減少につながります。
●商品回転率・プロパー消化率のアップ!
全社(企画・MD・生産部門)や仕入先も含めリアルタイムに店舗のトレンド(売上、在庫)を共有することができ、販売機会損失を防ぐことができます。
●店舗業務の負荷軽減!
毎日の閉店後のレジ処理業務が軽減され、閉店後の負荷(残業)が大幅に削減できます。また、リアルタイムにデータが集計できるので、店舗での集計・報告業務からも解放されます。特に棚卸における作業量の削減には大きな効果があります。
●迅速な意思決定!
過去の集計データだけでなく今現在の情報を本部・バイヤー・店舗・物流・企画・MDなどで共有(閲覧)できるので、迅速な意思決定が実現できます。
poscm neoを導入すると店舗在庫が的確に管理でき、在庫削減が可能です。
基幹システムとの連携
 poscm neoは、ファッション・アパレル企業様向けの基幹システム・ERPとの連携が可能です。(標準連携オプションを提供)
●連携実績
 SAP、JDE、CLEMENTIA、現場主義、アラジンオフィス など、多数の基幹システムとの連携実績があります。

◆掲載されている会社名・商品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。

(前ページ)poscm neoとは
機能概要(次ページ)

© WEB BASE Co. All right reserved.  製品のお問い合わせは,お電話もしくは「問い合わせ」フォームからお気軽にどうぞ。    PAGE TOP ▲